将来に向けてのインターンシップ

ときどき、「お金がないから社員の方々とランチに行っていません」という事を聞きますが、それはタダならばなず勿体ないことです。人生でできるだけはやく、人生観を醸成出来た人が本当の幸せを手にして出来ます。

 

実際にインターンシップや社会に出ることで、今学んでいることがどんなふうにいったところで活かせるかということが分かってきます。まだまだ失敗できる今のうちに、勇気を出して第一歩を踏み込んでいって下さい。

 

学生の間オリジナル、仕事をしながらもイロイロ考える時間が取れます。学生時代に尚更こうしておけばよかった、など社会人の生の意見が聞けします。

 

仕事を経験することももちろん重要ですが、むしろ【いろんな社会人の方々とのふれあい】が貴重な体験になります。学校に通っていても、インターンシップしなければ「なぜこのことを学ぶのだろう」、と必要性が分からないものです。

 

「なぜ仕事をするのか、なぜ生きているのか」に関して、考えさせられるよいきっかけとなります。人との交流が得意ではナッシングな方も多端ですけど、そのままではベンチャー企業就職や社会人としてはやっていけません。

 

社会人として働いてしまうと、毎日の業務に追われナカナカ自分の人生に関してユックリ考える時間がとれません。